自動車保険比較プロジェクト始動で自動車保険の見直しを検討しましょう。今より保険料は必ず安くなります!

自賠責保険(強制保険)

  • HOME »
  • 自賠責保険(強制保険)

自賠責保険(共済)は、交通事故による被害者を救済するため、加害者が負うべき経済的な負担を補てんすることにより、基本的な対人賠償を確保することを目的としており、原動機付自転車(原付)を含むすべての自動車に加入が義務付けられています。

自賠責保険は、自動車・原動機付自転車の所有者と運転者が、必ず加入しなければならない保険です。別名、「強制保険」と呼ばれています。

この自賠責保険とは、交通事故による被害者の救済を第一の目的としており、対人賠償に限られています。

対人とは、死傷した相手側の運転者とその同乗者、あるいは歩行者などを指し、被害者のケガや死亡だけに賠償金が支払われ、加害者のケガや自動車の破損には、賠償金が支払われることはありません。

事故を起こした加害者に賠償金を支払う能力がない場合でも、自賠責保険によって被害者は一定の金額までは賠償金を受け取ることができます。

自賠責保険の支払い限度額

 限度額
死亡3,000万円
(被害者1名につき)
傷害による損害120万円
(被害者1名につき)
後遺障害による損害 4,000万(被害者1名につき)
※常時介護を要する場合【第1級】

3,000万(被害者1名につき)
※随時介護を要する場合【第2級】

上記以外の後遺障害
3,000万【第1級】~75万【第14級】(被害者1名につき)

上記の表のように、自賠責保険は限度額が定められており、対人賠償だけの支払いのため、これだけでは十分な補償とはいえません。今では、死亡事故を起こしたときの賠償額のほとんどは1億円弱で、高額なときは2億円を超えるケースもあります。自賠責の3,000万円だけでは、とても十分な補償額とはいえません。

そこで、これを補うために任意の自動車保険が必要になってきます。 なお自賠責保険では、他人を事故に巻き込んだ加害者に、たとえ過失がなくても賠償責任が発生するのが一般的あり、このことを「無過失責任」といい、ほとんどの場合、加害者が賠償責任を負うことになります。

PAGETOP
Copyright © 自動車保険比較プロジェクト始動 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.