自動車保険比較プロジェクト始動で自動車保険の見直しを検討しましょう。今より保険料は必ず安くなります!

搭乗者傷害保険とは?

  • HOME »
  • 搭乗者傷害保険とは?

搭乗者傷害保険とは、被保険自動車に搭乗中の者が、自動車事故によって死亡したり、後遺障害または傷害を被った場合に、保険金を支払う保険で、人身傷害保険補償保険を保管する内容になっています。

人身傷害補償保険と同じように、過失の有無にかかわらず傷害を被ったときに保険金が支払われますので、搭乗中の事故についてはともに保険金の支払い対象になります。

また対人賠償保険とは異なり、同乗者が運転者の家族や、友人知人であっても対象になります。 つまり、運転する自動車に搭乗者傷害補償保険をかけておけば、その自動車に乗っている全ての人に対して、補償があるということです。 ただし、自動車保険加入者の故意による事故や、飲酒、無免許、薬中毒などによって死傷したとき、あるいは、トラックの荷台に乗っていたなど、通常の乗車方法でなかった場合は、保険金の支払いはありません。

搭乗者傷害補償保険の補償内容

死亡保険金事故が起こった日から180日以内に、その事故によるケガが原因で、死亡した場合が対象になります。死亡した人、1人につき契約した保険金額が支払われます。

※シートベルトを着用していて、死亡した場合は一般的に契約保険金額の25%~30%が、上乗せされることが多いようです。
医療保険金ケガの治療のために入院しときに、1日あたり15,000円まで。
通院したときに、1日あたり10,000円までが支払われるタイプと、ケガの状態やケガをした箇所によって、決められた保険金が支払われるタイプの自動車保険があります。
※支払われる保険金は、契約保険金額によって変わります。
後遺障害保険金事故が起こった日から180日以内に、その事故が原因で後遺障害になった場合が対象になります。後遺障害の違いによって、一定の割合の保険金が支払われます。

特に、重症の後遺障害で介護の必要があるときは、契約金額の10%が上乗せされることが多いようです。
PAGETOP
Copyright © 自動車保険比較プロジェクト始動 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.