自動車保険比較プロジェクト始動で自動車保険の見直しを検討しましょう。今より保険料は必ず安くなります!

対物賠償保険とは?

  • HOME »
  • 対物賠償保険とは?

対物賠償保険とは、自動車事故により相手の自動車や家屋・電柱・ガードレールなど、他人の財物に破損・汚損・滅失などの損害を与え、損害賠償責任を負うことになったとき、保険金が支払われる自動車保険です。対象は他人の財物なので、自身や家族の所有物については補償されません。

自賠責保険(強制保険)は物に対しての補償は一切ないので、対物賠償保険に加入していない場合は、損害を与えてしまった物の修理代、営業・休業損失などは、全額自腹で支払う必要があります。ですので対物賠償保険は、対人賠償保険の次に重要な保険といってもいいでしょう。

バンパーが軽くへこむ程度のごく小さな事故ならポケットマネーで何とか解決出来るかもしれませんが、衝突した相手が高級外車や営業車、店舗、信号機などの場合は、高額な損害賠償請求をされることも考えられます。

ちなみに、一般住宅の自動車の飛び込み事故での補償額は、数百万円~一千万円程度。営業を行なっている工場や店舗への飛び込みでは、一千数百万円~数千万円程度の和解金(賠償金)が一般的です。
その他に、営業規模の大きな工場や店舗への飛び込みでは、1億円を超える自動車保険の例もあります。

無制限方式にしていても年間の保険料は数百円ほどしか変わらないので、対人賠償保険と同様に無制限方式で契約することをおススメします。

対物賠償責任保険

被保険者の範囲1.記名被保険者
2.記名被保険者の配偶者
3.(1)(2)の同居親族
4.(1)(2)の別居未婚の子
5.許諾被保険者(被保険者の許可を受けて車を使用している者)
6.記名被保険者の使用者(雇い主)
補償内容被保険自動車の所有・使用・管理に起因して他人の財物を害し被保険者が法律上の賠償を負担する場合
支払わない場合1. 記名被保険者、車を運転中の者、およびその父母(義理は除く)・配偶者・子、記名被保険者の父母・配偶者・子に対する損害
2. 戦争・内乱・暴動などによる損害
3. 地震・噴火・津波・台風・高潮などによる損害
※酒酔い、無免許などによる損害は支払われる
支払われる損害1. 損害賠償額(被保険者の過失割合分)修理費用、交換費用、休車損害(間接損害含む)
2. 費用保険金 損害防止軽減費用、求償権保全手続き費用・緊急措置費用 など

 

PAGETOP
Copyright © 自動車保険比較プロジェクト始動 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.