自動車保険比較プロジェクト始動で自動車保険の見直しを検討しましょう。今より保険料は必ず安くなります!

対人賠償保険とは?

  • HOME »
  • 対人賠償保険とは?

対人賠償保険とは自動車事故により、自分の車の同乗者、相手の車の搭乗者、歩行者などを死亡させたりけがを負わせてしまい損害賠償責任が発生したときに、保険金が支払われる自動車保険です。

対人賠償保険は、任意保険の中でも最も重要な保険と言っていいでしょう。

対人賠償保険で支払われる保険金は、自賠責保険の支払い限度額を超える部分に対して行なわれます。

この保険の対象となる人は、あくまで、第三者である他人ということです。

これが重要なポイントで、”対人=第三者の他人”以外の、運転者本人や建物などは除かれます。

つまり、加入者の自動車の同乗者、相手の自動車の運転者や同乗者、歩行者が死亡、ケガをした場合となっています。
また、以下の人は補償の対象外になっています。

補償の対象外のケース

自動車保険・加入者本人対人賠償保険は、第三者の他人への十分な賠償に対応するための保険なので、本人の死亡やケガには補償がありません。
自動車保険・加入者の家族加入者本人と同様に、同じ自動車に同乗している家族の事故や、加入者本人が運転中に家族にケガをさせたときは対象外です。
自動車保険・加入者の承諾を得て運転した人加入者本人の自動車を友人や知人が、本人の承諾を得て運転しているときに事故を起こしたときは、その運転者も補償はありません。
もちろん、加入者本人が同乗している場合も同様です。

他にも賠償の対象外となる事柄もありますので、事前に自動車保険会社に確認しておくことをおすすめします。

対人賠償保険の保険金は、被害者1人に対して上限額を定めない無制限方式のものと、上限額を定めた方式のものがあります。

また、1件の事故に対する保険金の上限は、両方とも無制限になっています。

つまり、1件の交通事故で複数の人が死傷した場合は、トータルの保険金の総額には上限がないことになります。

ただ、この自動車保険は自賠責保険の不足分を補うのが、一番大切な目的ですから”無制限”に設定して、どのような補償額にも対応できるようにしておきたいものです。

自賠責保険(強制保険)で説明したように最近の死亡事故を起こしたときの賠償額は1億円弱から2億ととても高額なので、対人賠償保険は無制限で契約しておくことをおすすめします!

自動車保険の一括見積もりサイトや各損害保険会社のサイトなどで対人賠償について比較すると分かりますが、無制限と それ以下の保険金額の契約でも年間の保険料は数百円ぐらいしか変わりません。そのため、任意保険の加入者のほとんどが 対人賠償保険を無制限にしています。

 

PAGETOP
Copyright © 自動車保険比較プロジェクト始動 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.